top of page
growthcone (F-actin α-tubulin).tif

​生長錐:從神經細胞伸出的軸突尖端

“從最新的細胞生物學廣泛地思考和對醫學的思考”

分子生物學和細胞生物學每天都在醫學上取得爆炸性發展,而對生命科學的興趣也無窮無盡。基於這些發現,我們將考慮人體的機制,並發展掌握藥物發現和醫學最新技術的能力。


專攻分子細胞生物學(神經科學/分子發育)。除了探索正常發育的分子機制外,我們還促進研究以從神經系統疾病中恢復治療。

“從最新的細胞生物學廣泛地思考和對醫學的思考”

分子生物學和細胞生物學每天都在醫學上取得爆炸性發展,而對生命科學的興趣也無窮無盡。基於這些發現,我們將考慮人體的機制,並發展掌握藥物發現和醫學最新技術的能力。


專攻分子細胞生物學(神經科學/分子發育)。除了探索正常發育的分子機制外,我們還促進研究以從神經系統疾病中恢復治療。

大脳皮質 1.tif

​大腦皮層發育過程中的層狀結構形成

20220401_134718.jpg
treadmill_2.png

神經損傷小鼠治療恢復分析

話題

2024.6.10

日本学術振興会により行われている「ひらめき☆ときめきサイエンス」の受講応募が始まりました。一昨年、昨年とも応募直後に定員に達してしまったため、今年は定員オーバーの場合は抽選としました。昨年同様「失われた機能を再生させる!‐再生医療ってなんだろう?」をテーマに8月31日に実施いたします。昨年度の様子もひらめき☆ときめきサイエンスのホームページに掲載されているので、ぜひ参考にしてみてください。また、他大学での講座も非常に興味深いものが多くありますので、これを機会に様々な大学での研究を覗いてみるのも楽しいと思います。

日本学術振興会HP:ひらめき☆ときめきサイエンス

2023.9.2

日本学術振興会により行われている「ひらめき☆ときめきサイエンス」を開催しました。小学5年生から中学3年生の生徒さんに参加していただき、「失われた機能を再生させる!‐再生医療ってなんだろう?」をテーマに直に見る、聞く、触れることで、科学のおもしろさを感じてもらいました。

Research Blog:ひらめき☆ときめきサイエンス

2023.3.30

当教室で研究されていた石川先生(本学産婦人科学)の論文が採択され、無事学位も取得されました。本年度当講座からは岡本先生に続いて二人目。益々のご活躍を。 & 大石先生が科研費(基盤C)を取得されました。

2023.1.05

​2021.3.25

在4月的《實驗醫學》雜誌中,我們計劃並編輯了一項特別功能,名為“電穿孔基因組編輯和組織分子引入應用的碩士”。

在概述了電穿孔/基因轉移的特點和設備的進展之後,我們有五位外部老師撰寫。

      https://www.yodosha.co.jp/es/9784758125420/

2021.4.15

Sasakura 博士在日本神經科學學會 & CJK 國際會議上做了題為“細胞外基質再生環境改善和亞急性期脊髓損傷後通過突觸連接器恢復的嘗試”的報告。

2021.7.29

・從新年開始,新成員(菅田明花先生)加入了。我們要求他們為課堂的整體復興做出一點貢獻。

・ 4月,通過新的科研基金“Basic B”和新的學術領域研究“Singularity”,基礎研究:3個案例,新的學術領域研究:2個案例(其他,AMED等)我將設法推動我的研究。

2021.7.29

先生和夫人Habuchi對公共科學圖書館·發表一個新的紙張。這是很多努力的結果。恭喜

  https://journals.plos.org/plosone/article?id=10.1371/journal.pone.0252590

2021.11.29

Sasakura 博士將在日本分子生物學會的研討會上發表“細胞外環境維護和突觸連接脊髓損傷修復”的演講。

2022.1.24

研究室に 大学院生(医学研究科細胞生物)として大石大先生が加わりました。大石先生は 救命救急科の医師としてドクターヘリ搭乗はじめ大活躍されている現役ドクターで、バイタリティあふれる先生です。炎症制御に向けての研究を展開されます、がんばりましょう。

2022.4.15

新潟大学依田先生との長年の共同の研究成果の論文が出ました。地道な示唆深い内容です。おめでとうございます

https://link.springer.com/article/10.1007/s00441-022-03575-3

当教室で研究されていた久能木先生(腎臓内科)の論文が採択されました。学位も所属の東京の大学で取得されました。東京で頑張ってください

最近的文章(主題)

2020.8.28

開發了一種人工突觸連接器,可以重新連接斷開的神經迴路-一種治療由突觸異常引起的精神和神經疾病的新途徑-

聯合研究論文發表在美國科學雜誌《科學》上

愛知醫科大學生物學系副教授佐倉弘之,竹內恆生教授,英國牛津大學德國神經退行性疾病研究中心和MRC分子生物學研究所由慶應義of大學生理學系教授Yu崎介介教授領導醫學在世界上,我們首次成功開發出一種人工蛋白(突觸連接器),該蛋白可以人工形成突觸,即神經細胞之間的關節,並迅速重新連接斷裂的神經迴路。使用這種突觸連接器,我們成功地導致了小腦性共濟失調,阿爾茨海默氏病和脊髓損傷的模型動物的重大功能改善和恢復。
有關詳細信息, 請參見此處(新聞稿)科學網站

即將到來 活動

科研資助新學區研究“超級適應”
國際會議(第一屆國際研討會)

2021/5/26 ~ 5/27
日本神經科學學會會議
2021 / 7/28 ~ 7/31
藤田醫科大學/愛知醫科大學合作研究促進論壇
2021/6/25
bottom of page